次回サロン

次回サロンは3月25日(日)の18時~ 中崎町朱夏にて開催される予定です。

 

 

ここのところ森友問題で種々のニュースが出ていますが、私が気にかけているのは籠池さんの長期勾留で、もう200日をとっくに超えました。

報道によると、独居房で面会許可も下りずこの冬を越したようです。

 

私個人は、籠池さんの幼稚園については理念的に大いに懸念をもっていて、実は朱夏の向かいの建物に塚本幼稚園の「敢えて出る杭になれ!」なる勧誘ポスターを2年ほど前に発見して、これは何だ、誰が貼ったんだなどと尋ねたことがあります。

 

私は彼の思想やこれまでの個人史としての経歴にはとても賛成しませんし、むしろ大手を振って現れるのなら反対しますが、それでも、彼をただ口封じのために非人道的な長期勾留を行っているシステムの側を、まずは批判します。

ただ一人の人間として、籠池気をしっかりもて。

 

これまで日本というシステムでは、おおむねこういった「異例」の長期勾留は反体制的・自民政権に批判的な人々に対して主に用いられてきて、だからこそ救援連絡センターは重要な役割を担ってきたと思います。

最近でも、原発や基地反対の運動を担ってきた人々が、ちょっとした微罪で半年ほど勾留されるような事がしばしば起こってきました。

www.okinawatimes.co.jp

 

かつて首相だった時の麻生邸への「見学ツアー」主催者が、微罪も犯していないのに、突如逮捕されたことを、私はよく覚えています。彼はたまたま記録映像があったために、無罪放免になって当時の当局側現場責任者は罰せられましたが、それは僥倖と呼ぶべきことでした。

www.youtube.com 

 

日本のメディアは、中国の民主運動家を政権が弾圧しているなどとして、「あちらの国はとんでもない、それに比べて我が国は…」と報じてきましたが、私はそれは五十歩百歩の問題で、その程度問題は大事だとしても、日本も決して自由な国ではないと思ってきました。

 

今回の問題は、たまたまバビロンのトップに取り入ろうとして途中で失敗した哀しいおっちゃんが、梯子を外されて、法外な長期勾留を今も行われているということです。私は、一人の人間として、彼のこれまでの活動に反対しながら、同時に彼を心配して、彼を取り巻くシステムについて懸念しています。

 

カンナビスト@関西 幹事Nao

2・3月サロンのお知らせ

2月サロンはお休みです~

 

次回は3月の最終日曜日(25日)を予定しています。

1月サロンのお知らせ

関西のサロンが下記日程で開催されます。
カンナビスト@関西では、どなたでも参加できるオープンな場として
毎月最終日曜日にサロンを開いています。

【関西サロン】
とき:1月28日(日) 18:00~21:00

ところ: 中崎町 朱夏
http://amanto.jp/index.php/groups/shuka/

*参加無料、出入り自由

今回のサロンでは、以下のような話をする予定です。

○ 次回マーチなど企画のお話

○ 米国の状況について

○ その他参加者がしたい話をなんでも

幹事メール: cannabisty@gmail.com

おおあさ自由学校

2017年度おおあさ自由学校は正高佑志氏(熊本大学医師)を招き、無事終了しました。

熱心な参加者を多数得て、充実した質疑ができたものと思います。

カナダから中継したもらったNちゃんを含め、ありがとうございました。

 

2018年始のサロンは1月28日(日)を予定しています。おそらく中崎町朱夏かと思いますが、急遽場所が変更になる可能性がありますので、また報告します。

おおあさ自由学校 2017

Peaceful March 2017秋 盛況でした皆様ありがとうございました。

11月末の関西サロンは企画が続くためお休みです、次回は1月末の日曜を予定しています。

 

12月はカンナビスト関連の企画で以下の講演会を予定しています。

 

おおあさ自由学校2017

大麻問題」の今


内容:講演と自由討論
米国における大麻への賛否 その政治的動向
医療用大麻の動向

とき:2
017年12月17日 14:00~16:30
場所:
キャンパスプラザ京都  第2会議室

 


資料代1000円

講師
正高 佑志 (熊本大学付属病院 医師)
山本 奈生 (佛教大学 社会学部 准教授)

主宰 山本研究室
 
コロラド州ワシントン州に続いて、今年はカナダなどでの大麻合法化投票が可決され、北米、欧州において大麻の自由化が進んでいます。
こうした出来事の背景には、大麻問題を例えば銃規制や同性婚をめぐるようなリベラリズム保守主義の政治的テーマとして考えることが一般的な政治的文化があって、それは大麻が全く政治的題材になっていない日本とは対照的なものです。
この講演会では、欧米における大麻自由化の投票や政策、その背景となる歴史的な経緯などについて概観した後、今現在医療用使用や全面的な合法化が達成されている地域において何が起こっていて、現場ではどういった医療用の用いられ方が行われているのかを、現役の社会学者と医師が論じます。
日本では「海外面白ネタ」程度にしか知られていない、こうした諸外国の動向について、きちんとした学術的な議論を行って、冷静に分析することを目標にする講演会です。
講演後は長めに時間をとって、ご来場いただいた皆さんと質疑や討論を行います。
 
 *非営利企画で主催持ち出しです。場所代・コピーと交通費の実費を1000円投げ銭でいただいています。
 
問い合わせ: cannabisty@gmail.com
       もしくは佛教大学 山本研究室 

f:id:cannabisty:20171120004233p:plain

Peaceful March 2017秋

私たちが開催している手作りのムーヴメント、Peaceful Marchが以下の通り開催されます。 

『Peaceful March』
11月12日(Sun)12時より開場・開演
入場料1000円(1ドリンク付き)

場所…Super Retro Machine(地下鉄四つ橋駅から徒歩5分程)

 

Live artist…

Jah Melik Sista-K   with OSAKA Music LOVERS BAND

RASTANQE

アチャコ and フレンズ

MINORI

BOB MERCY & WEEDERS

五枚葉

Sound artist…

5Gr

EXTRA

RAS TAMANO

Sakka Zukie

Talk

カンナビスト関西幹事 山本氏

 

Shop…

モハマヤバード(飲食)

木もれびカフェ(飲食)

ダブロッカーズ(エチオピア雑貨)

ライオン屋(ステンシル ワークショップ)

 

問い合わせ: morihajime6314@gmail.com

 

本来マリファナ・マーチは無償で開催され、誰でも参加できるものなのですが、

音響オーガナイザーの思想として「大麻自由化を訴えながら、同時に趣旨に賛同するプロのアーティストにプロとしての場を形成したい」

との願いもあり、形式的にカンパをドリンク付き1000円お願いしています。

 → もちろん営利が目的ではありません、採算はとれないので主催者持ち出しになっています。