読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンナビスト@関西では、どなたでも参加できるオープンな場として
毎月最終日曜日にサロンを開いています。


【関西サロン】
とき:2月26日(日) 18:00~21:00

ところ: 中崎町 朱夏

Salon de AManTo 天人 :: 朱夏

*参加無料、出入り自由

今回のサロンでは、以下のような話をする予定です。

○ 次回マーチの企画など

○ 日本、米国の状況について
○ その他参加者がしたい話をなんでも

幹事メール: cannabisty@gmail.com

大麻報道センターの裁判について思うこと

 

先日はサロンが無事終了しました、ありがとうございました。

次回は2月26日(日)18時から、同じく中崎町朱夏の予定です。

 

さて最近、大麻報道センターの白坂さんが関係する裁判が結審(上告棄却)しました。

結果は公式サイトを参照してください。日本の今までの司法と同じく、内容には踏み込まない形式主義的な裁判で、要するに現状追認です。白坂さん本人は、まるで「カフカの世界」にいるようだと述べていますが、全くその通りだと思います。

asayake.jp

 

白坂さんの主張は、最終的には負けるにしても、せめて正面から取り扱われ是々非々が判例に記載されるべきものなのですが、検察と裁判所は全く取り合わず、被告が何を言おうがおかまいなしです。こうしたマイノリティの主張が、日本の司法においてまともに取り上げられるということは滅多にありません。特に高裁、最高裁であればなおさらです。

地裁であれば、もう定年間近となった裁判官が、自らの信じる法学の理念に則って、政権与党や行政の慣例と保守的体制に反対するような判例をだすことはごく稀にあるのですが(例えば、北陸での原発差し止め裁判)、高裁以上となると、裁判官は法務省および検察とほぼ一体化して、自らの保身のために政治=行政と結託した判例を出すのが、「日本というシステム」の通例です。

多くの裁判官と検察が守っているものは自己のみみっちい官僚制的な地位なのであって、近代法学の崇高な理念ではありません。ハンス・ケルゼンが泣いていますよ。

 

このシステムによって、これまで幾度も公害の被害者が、原爆と原発の被害者が、そして少数民族の尊厳が否定されてきました。彼らは当初全て、門前払いでした。

そして時代が後になって、やっと世間が水俣病原爆症の人々に「同情すべき」だと声をあげはじめた時、司法は最後になって重たい重たい腰をあげたに過ぎないのです。それも不承不承に。

 

最近、中国の司法当事者が、司法と政府は一体のもので分離しているというのは近代西欧の理想に過ぎないから、私は政府/行政と一体化すると臆面もなく述べました。なんというクソみたいな本音の吐露でしょう。日本もまさに建前としては「司法の独立」を掲げながら、実質的には、このようなどうしようもない中国の裁判官と一緒で、官僚制/自民党のシステムと癒着し、チッソの被害者を抑圧してきました。なぜなら、チッソは守られるべき「国益」で、「日本というシステム」にとっての必要悪とみなされたからです。それでは、必要悪とやらに抑圧された個々人の人権はどうなるのでしょう。人権を基盤とし、社会的自由を目的とするのが、近代的な法の体系なのではなかったのでしょうか。残念ながら、日本ではそうではありませんでした。

 

しかし、それでも未来は私たち少数者のものです。米国でトランプに抑圧された難民と、その支援者らが確信している通り、このような無体に対して、私たち民衆は本質的な力をもっています。いくらトランプが裕福で、大企業を運営しているといっても、その企業は所詮働く人々を欠いてはありえないが故に、根源的な力はみせかけの権力者ではなく、私たち社会の民衆全員がもっているのです。権力者はそれを恐れているがために、強がっている臆病者にすぎません。

 

未来は僕らの手の中、にあります。

 

www.youtube.com

 

あけましておめでとうございます。2017年最初の関西のサロンが下記日程で開催されます。
カンナビスト@関西では、どなたでも参加できるオープンな場として
毎月最終日曜日にサロンを開いています。


【関西サロン】
とき:1月29日(日) 18:00~21:00

ところ: 中崎町 朱夏

Salon de AManTo 天人 :: 朱夏

*参加無料、出入り自由

今回のサロンでは、以下のような話をする予定です。

○ 本年の企画について

○ 日本、米国の状況について
○ その他参加者がしたい話をなんでも

幹事メール: cannabisty@gmail.com

f:id:cannabisty:20150113184906j:plain

 

おおあさ自由学校

今日はおおあさ自由学校で話してきました。

ooasajg.blogspot.jp

来てくれた皆さんありがとうございました。

 

今日話していて再発見したのですが、Cannabistというとアメリカだと普通はコロラドデンバーの有名な大麻情報誌The Cannabistを指すものだということです。

でも、デモ、DEMO!

 

日本でMarijuana Marchをやってきたカンナビストは1999年からで、コロラドのCannabistは2000年代に入ってからです。名称著作権とかいうつもりは全くないのでどうでもいいことですが、要するにコロラドのCannaistとも友達になりたいです。

www.thecannabist.co

 

 

年始のサロンは1月29日(日)、18時~ 朱家の予定です。

Salon de AManTo 天人 :: 朱夏

 

 

関西サロン(11月)のお知らせ

関西のサロンが下記日程で開催されます。
カンナビスト@関西では、どなたでも参加できるオープンな場として
毎月最終日曜日にサロンを開いています。

今回は京都です。


【関西サロン】
とき:11月27日(日) 18:00~21:00

ところ: Cafe アンデパンダン

 * 阪急四条河原町駅、京阪三条駅から徒歩8分程度

www.cafe-independants.com


*参加無料、出入り自由

今回のサロンでは、以下のような話をする予定です。

○ マーチの感想

○ 米国の状況について

○ その他参加者がしたい話をなんでも

幹事メール: cannabisty@gmail.com

ジェフ・セッションズ

トランプによる重要ポストの任命が徐々に決まってきまして、

気になっていた司法長官ポストも決定しました。

元市長のジュリアーニかな・・・?と思っていたらなんとジェフ・セッションズ

 

ジェフは保守強硬派のジュリアーニと比べても、カルト系といっていいくらいの情動的な人種差別論者、大麻反対論者です。

ジュリアーニは確かに保守強硬派ではありますが、一応合理的な部分もある「経済右派+保守派」の代表例です。特に財政合理化のイメージが強い人物ですので、例えば聖書解釈などを根拠として、突然同性愛者をバッシングしだすような人物ではありません。

 

ところがジェフは、理性的な議論としては話が通用しない部類の宗教右派で、本当にこういう人物に法のトップが務まるのか、全く判断できません。何をするか分からないという意味で理解不能です。

ジェフはかつて、「KKKはまあ悪い連中じゃないと思っていた、でもあいつらが大麻を吸っているならそれはダメだな」と言ったような、とんでもない発言を繰り返していて、黒人公民権運動にもメキシコ系移民にも反対しています。彼の過去の発言「黒人が人権を保持したいという話を私たち白人に押し付けるな」といった発言も有名です。

 

現在共和党にいる議員の中では、もっとも極端なレイシストですので、日本でいえば、石原元都知事どころか在特会の活動家やら、あるいは田母神ちゃんが突如法務大臣になったようなもので、全く何をしでかすのか分かりません。

 

そういうわけで、全米の黒人協会や人種差別撤廃を求める団体は、相次いで非難声明を出しています。そして当然、NORMLや各州で大麻合法化を支持した団体も、反対を発表しました(下記フォーブス誌より)。

ジェフであれば連邦法を盾にとって、州法で合法化されたディスペンサリーに、突然FBIのチームを送って見せしめの逮捕を行ったとしても、それほど驚きはありません。

www.forbes.com

合法化州の増加

大統領選は陰鬱でしたが、州投票での大麻合法化が進んでいます。

www.theguardian.com

 

日本の旅行者にとっても馴染み深いカリフォルニアでの嗜好用大麻の合法化をはじめ、マサチューセッツネヴァダ、メイン各州で成人向けの大麻は完全に合法化されます。

また医療目的の大麻利用もノースダコタアーカンソー、モンタナ、そしてフロリダでも認められます。

カリフォルニアは以前僅差で否決された合法化投票Prop19の雪辱を果たした形となりました。これまでの米国の動向の中でも、一番大きな部類の動きです。

 

一方で、トランプは昨日書いた通り、こうした合法化の流れには冷淡な態度をとっていて、各州それぞれが勝手にすればいいという立場を守るかどうか、それとも連邦法を盾にとって、各州に圧力をかけてくるのか、まだ判然としません。少なくとも、彼は全土での合法化には明確に反対しています。

 

また副大統領のペンスは以前から、頑迷な大麻規制論者として鳴らした人物であり、司法長官にはあのニューヨーク市長、ジュリアーニが抜擢されるのではとも予測されています。ジュリアーニは、「ニューヨーク・クリーンアップ」「ブロークン・ウィンドウズ(小さくとも割れた窓を放置するな!)」を標語として黒人とヒスパニックを事実上狙い撃ちした強硬な警察政策を行ったことで記憶に新しく、微量のドラッグ所持や軽犯罪でも容赦しませんでした。

 

トランプは二日目から既に、オバマケアを後退させ、富裕層への減税を行おうとする言動を早くも行っています。こうした差別主義、強いものをますます擁護し、弱者を打ち捨てようとする「イメージだけの改革」は、日本ではかつて東京の石原都知事が似たようなことをやっていましたが、石原と比べてもトランプの影響は巨大であり驚愕します。