読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭恵と大麻

cannabisty.hatenablog.com

 

以前、ここでも↑の記事で書いたのですが、渦中の昭恵総理夫人についてです。

彼女が、上野さんの畑に見学にいって、またヘンプ問題関連で同情的な立場にあることは広く(?)知られています。

 

私は、そうだからといって彼女は同時にタカ派で、基地賛成派で、原発推進派の議員の応援を積極的に行っている、半分私人/半分公人のタカ派政治活動家なのだから、関与はしたくないと以前からずっと言っていました。

彼女は一貫して、昔から教育勅語を礼賛し、第二次世界大戦の日本の立場に同情的で、そして戦後は「日本を強くするために」原発は必要だという立場に与してきました。

 

もちろん、大麻合法化論者の中にはナショナリズムを掲げて、<右翼として日本の伝統たる大麻GHQの押し付けから取り戻すのだ!>という、神道系の主張があることも良くわかっています。それはそれで、個人として批判はしますが、私が言ってもどうにもならないことです。

 

しかし、私たちはそうした極右の(日本のメディアではどうしてか、ルペンやトランプ支持の福音派のことは「極右」と正しく呼びますが、国内の日本会議などは「保守」であるとマイルドに隠して呼んでいます、でも、どうみてもそれは「極右」です)、とても偏った人々と、一緒に協力したいとは思っていません。

 

そうした極右は、一方で「日本人の国益」を護れと言いながら、もう一方の手で、必ず原発立地地域の反対者や、在日外国人などのマイノリティを無視し虐げているからであって、私たちはいつでもマイノリティの側に立って、そうした人々の関与を退けたいと思っているからです。

 

いじめを無視・黙殺することが、いじめに対してフェアであるということはなく、極右のナショナリズムイデオロギーに対して中立で、場合によって協力しますというのも、決して中立などではありません。

バビロンとマイノリティの係争に対して、「どっちもどっちだから、私は中立」などということが、どれほど無責任で結果的にバビロンの味方をしてしまっているのかは明白であると思います。

たとえ「ごまめの歯ぎしり」であろうが、私は、そうした他者への攻撃を批判します。それこそが、他者の権利を尊重することに繋がるのですから。

 

誰も逮捕されない未来の希望に向かって、One Love

www.youtube.com