読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合法化州の増加

大統領選は陰鬱でしたが、州投票での大麻合法化が進んでいます。

www.theguardian.com

 

日本の旅行者にとっても馴染み深いカリフォルニアでの嗜好用大麻の合法化をはじめ、マサチューセッツネヴァダ、メイン各州で成人向けの大麻は完全に合法化されます。

また医療目的の大麻利用もノースダコタアーカンソー、モンタナ、そしてフロリダでも認められます。

カリフォルニアは以前僅差で否決された合法化投票Prop19の雪辱を果たした形となりました。これまでの米国の動向の中でも、一番大きな部類の動きです。

 

一方で、トランプは昨日書いた通り、こうした合法化の流れには冷淡な態度をとっていて、各州それぞれが勝手にすればいいという立場を守るかどうか、それとも連邦法を盾にとって、各州に圧力をかけてくるのか、まだ判然としません。少なくとも、彼は全土での合法化には明確に反対しています。

 

また副大統領のペンスは以前から、頑迷な大麻規制論者として鳴らした人物であり、司法長官にはあのニューヨーク市長、ジュリアーニが抜擢されるのではとも予測されています。ジュリアーニは、「ニューヨーク・クリーンアップ」「ブロークン・ウィンドウズ(小さくとも割れた窓を放置するな!)」を標語として黒人とヒスパニックを事実上狙い撃ちした強硬な警察政策を行ったことで記憶に新しく、微量のドラッグ所持や軽犯罪でも容赦しませんでした。

 

トランプは二日目から既に、オバマケアを後退させ、富裕層への減税を行おうとする言動を早くも行っています。こうした差別主義、強いものをますます擁護し、弱者を打ち捨てようとする「イメージだけの改革」は、日本ではかつて東京の石原都知事が似たようなことをやっていましたが、石原と比べてもトランプの影響は巨大であり驚愕します。